【保存版】freee(フリー)で簡単アフィリエイトの青色確定申告

アフィリエイトの青色確定申告が終わったので、体験談を書いていきます。

専業でアフィリエイトを始めて、初めての確定申告でした!

確定申告のイメージって・・・

  • 難しい
  • 税理士さんがいないと不安
  • 大変そう
  • 領収書をノートに揃えて貼らなきゃ

 

こんなイメージではないでしょうか?

実際に確定申告をやってみると、実はそんなに大変ではありません。

今回、確定申告するにあたってfreee(フリー)というクラウド会計ソフトを使ってみましたが、確定申告するのに必要な資料を、超簡単に作成することができました。

確定申告を一人で完了するには、会計ソフトは必須ツールだと思います。

freee(フリー)は無料登録すると、お試し期間として1カ月無料で使うことができます。

確定申告が難しいと感じている方は、とりあえず登録してみて、使ってみることをおすすめします!

会計ソフトを使わずにエクセルとかの表で計算するのもアリかもしれませんが、テンプレートを決めたり、いろいろと手間だと思うので会計ソフトを使うと楽ですよ♪

アフィリエイトの確定申告が初めての方は、この記事をみれば確定申告の流れや、何をするべきか?がわかります。

 

僕のアフィリエイト報酬は、月20万程度なので年間の収入が 200~300万程度です。

このくらいの収益だと、絶対に青色確定申告をやるべきです。

やっぱり65万円の控除は大きいですからね!

専業のアフィリエイターで僕と同じくらいの収入の青色確定申告を控えている方には、特に参考になると思います。

アフィリエイトの青色確定申告 準備するもの

まずは、青色確定申告するために必要なものは

「個人事業の開業届出書」

「所得税の青色申告承認申請書」

です。

この2つを書いて税務署に提出すれば、青色確定申告をする権利を得られます。

開業届けと青色申告申請書を税務署に提出

これらの書類は、税務署に出向けば手に入りますが、国税庁のHPからダウンロードすることも可能です。

これらを記入して、税務署に手渡しか郵送すれば完了です。

ちなみに、僕は近所の税務署に出向いてそれぞれの申請書の手続きをしました。

申請書のそれぞれの控えがこれです。

個人事業の開業届出書

所得税の青色申告承認申請書

これらの届け出が完了すれば、青色確定申告をする権利が与えられます。

とりあえず、青色確定申告の準備は以上になります。

あとは、日々の収支がわかるようにしておくことが重要になります。

収入と支出については、これから説明しておきますが、収支がわかるようにしておかないと後で大変です。

次の3点は最低限 理解・確認しておきたいですね。

  • ASP管理画面で正しい収入額の確認方法
  • クレジットカードの明細
  • レシートや領収書は保管しておく

この3点がわかれば、確定申告の資料作りに苦労しません。

アフィリエイトの青色確定申告 収入の確認

アフィリエイトにおける収入の確認は、ASPの管理画面で行います。

2018年の確定申告に必要な期間は、2017年 1月~12月の期間になります。

アフィリエイトで得た収入は確定した時点で、その月の収入となります。

例えば、A8で2017年2月に5万円、アクトレで3万円ならば、2017年2月は8万円の収入があるということです。

ここで注意したいのは、発生報酬ではなく、確定報酬だということです。

1月に発生した報酬が3月に確定した場合は、3月の収入となります。

 

僕が使っているASPの確定画面の見方を、具体的書いてみたので、確定報酬の見方がわからない方は確認してください。

実際にASPの管理画面で確定報酬を確認する方法はこちら

収入の確認はASPの管理画面にすべて書いてあります(僕が使っているASPは、A8、アクトレ、レントラ、afb)

収入の計算については、すべてのASPの確定報酬を合計したものでOKです!

収入については以上になります。

 

次は、支出についての話になりますが、確定申告において支出の計算の方が収入よりもめんどうです。

しかし、ポイントだけ押さえておけば、簡単なのでよく理解しておきましょう。

アフィリエイトの青色確定申告 支出の確認

確定申告における支出とは、いわいる経費のことです。

支出と経費は言葉が似ているので、ここでは支出=経費の意味で「支出」という言葉を使っています。

支出を計算するにあたって迷うのが、「何がどれだけ支出として計上できるのか?」

という疑問だと思います。

今回は、僕が支出としたもので何をどれだけ支出にしたかを記載してみました。

アフィリエイトの青色確定申告で何をどれだけ支出にしていいの?

アフィリエイトの確定申告において、何をどれだけどんな支出にしたのかまとめていきます。

支出においては、大きく分けて2種類

  • 事業に使ったお金
  • 事業と私生活の両方に使ったお金

に分けます。

事業に使ったお金は、交通費やドメイン代など100%事業のために使ったお金のことです。

事業と私生活の両方に使ったお金は、家賃や光熱費などです。

家賃や光熱費などは、「家事按分」という区分けをして計算します。

家事按分の支出について

家事按分では、事業と私生活のどのくらいの比率で支出にするか計算します。

つまり事業費として何%の割合なのか計算します。

僕が家事按分にした支出は次の通りです。

支出 項目 事業比率
家賃 地代家賃 50%
スマホ代 通信費 70%
電気・ガス・水道代 水道光熱費 50%

スマホ代や電気・ガス・水道代も、事業として使っている分だけ割り当てています。
家賃は事業比50%としていますが、家の半分は仕事場として使っているので50%を事業比率として当てています。

事業比率を厳密に計算するのは難しいので、自分の感覚で比率を計算しました。

そんなざっくりした計算で大丈夫なの?

と思われるかもしれませんが、税務署の人達も細かいことをイチイチ指摘してるほど暇ではないと思います。

ぶっちゃけ、もっと割合を高くしても良いのでは?と思ったくらいです。

確定申告で細かいことを悩むと時間がもったいないと思うので、ざっくり計算でいきましょう笑

家事按分以外の支出について

支出 項目
交通費(電車代) 旅費交通費
カフェ 交際費
記事に載せる商品 交際費
同業者との懇親会 交際費
セミナー 交際費
ツールやノウハウ代 新聞図書費
サーバー・ドメイン 通信費
PC修理代 修繕費

アフィリエイターなら、カフェを利用したり、セミナーにいったり、中古ドメインを買ったりいろいろやっているかと思います。これらの項目は、すべて支出として計算に入れました。

それらはすべて支出として計算してOKです。

事業に使ったお金は遠慮なく計上しましょう♪

これら以外のものでも事業として使ったものならば、計算に入れて大丈夫です。

正し・・・計上した支出のレシートや領収書はとっておきましょう!

 

レシート・領収書の管理

レシートや領収書は、ノートに張ってきれいにまとめなければいけない・・・

なんて思っている方がいますが、全然そんなことはありません。

レシートや領収書はとりあえず保管しておけばOKです。

確定申告をする際に、見せる必要はありません。

証拠として残しておくくらいで大丈夫です!

レシートや領収書は月ごとにまとめておく

レシートや領収書はキレイにまとめる必要がありませんが、いつ発行されたものかわかりやすく管理しておくと良いです。

おすすめなのは、月ごとに封筒にまとめておくやり方です。

こんな感じに月ごとに分けておけば、整理に手間がかからないし保管もしやすいです。

月ごとにまとめた封筒を、さらに大きな封筒に1年分まとめてしまいます。

これは僕が領収書をまとめているやり方ですが、実際に推奨されている方法です。

領収書やレシートは煩雑になりがちなのですが、この方法でまとめれば手間もかからず簡単です。

計上したレシートや領収書は、5年間大事に保存しておきましょう。

 

アフィリエイトの青色確定申告 結果と感想

終わってみれば、確定申告は思ったより簡単でした。

でも、何もわからない状態のときは、ひたすらネットサーフィンして苦労して情報を手に入れました。

税理士さんにお願いするほど稼いでないし、税理士代は7~10万くらいするのでけっこう高いんですよね・・・

なので、自分で調べて資料作りをするしかありませんでした。

確定申告の反省点と来年に向けて

確定申告をして一番手間だと感じたのは、支出の確認でした。

今年の反省点は以下の通りです。

  • クレジットカードを何枚か使って買い物をしていた
  • 経費にできないようなレシートをとっておいた
  • 交通費の記録をとっておかなかった
  • 何がどれだけ経費になるか全然理解していなかった

支出の確認がわかりにくいと、とても苦労します。

逆にこれらを把握しておけば、あとは会計ソフトに打ち込むだけなのでメッチャ楽です!

アフィリエイトの青色確定申告 参考にしたもの

参考になったユーチューブ

ユーチューブの動画で確定申告について、わかりやすく解説している動画がありましたので紹介します。

freee(フリー)の使い方の流れがわかりやすく、非常に参考になりました。

ユーチューブの動画は面白くわかりやすいので、参考にしやすいと思います。

アフィリエイトやってるユーチューバーの動画もあったのですが、正直わかりずらくて参考にならなかったです。

参考になった本

参考にした本は「世界一ラクにできる確定申告」です。

アマゾンから購入することができます。


世界一ラクにできる確定申告 ~全自動会計ソフト「freee」で手間なく完結! ~ 平成27年版

使った会計ソフト freee(フリー)

今回使った会計ソフトのfreee(フリー)ですが、とにかく優秀です。

確定申告初心者には必須アイテムだと思います。

確定申告のことをまったく知らない僕でも、簡単に資料を作成することができました。

ぶっちゃけ会計ソフトがなかったら、確定申告は厳しかったと思います。

freee(フリー)を使えば、クレジットカードと同期してくれるので手打ちで数字を打ち込むことも減ります。

無料でお試し登録もできるし、わからないことはチャットやメールで質問もできます。

freee(フリー)のデメリットは、ネット環境がないと使えないってことくらいじゃないでしょうか?

PC操作ができない、スマホは持ってないという方には導入するのはやめときましょう。

freee(フリー)のメリット・デメリット

クラウド保存で、PCやスマホで操作できる

クレジットカードと同期してくれる

無料お試し期間がある

チャットやメールで相談できる(高いプランだと電話で対応してくれる)

PCなど操作できない方には難しい

会計ソフトfreeeの使い方&登録方法

まずfreee(フリー)のサイトに飛びます。

「無料で始める」をクリックします。

法人か個人かを選択して、メールアドレスとパスワードを設定します。

業種を選択してください。

アフィリエイトならば、ソフトウェア・情報サービス業で大丈夫です。

確定申告する年を選択して、次へをクリックします。

次の画面で無料で始めるを選択すれば、お試し期間になります。

無料お試し期間は1カ月になります。

アフィリエイトの確定申告で苦労したくない方は、会計ソフトのfreee(フリー)を使えば楽に確定申告を終わらせることができますよ!